12月上旬にに開催される湘南国際マラソンですが、参加賞となるTシャツについてみていきます。

 

マラソンランナーだけでも、19000人以上おり、運営関係者や観戦客諸々を含めると、25000人を超えそうな勢いの大規模大会となります。

 

もちろん醍醐味は走ることになりますが、それ以外には毎年登場するTシャツのデザインになるでしょう。

湘南国際マラソン2015の、記念となるTシャツ。

 

湘南国際マラソン2015の参加賞となるTシャツですが、以下のものが用意されています。

 

 

湘南国際マラソンのTシャツは他大会のそれと比べても、かなり特徴があるように思います。

 

やはり芸術面を意識しているような感じといえばいいでしょうか。

 

大会公式を見るとわかりますが、ヘッダーの画像から判断して、

デザインで何か訴えかけてくるイメージがあります。

 

こういうスタイルでのアプローチは、マラソン大会ではあまり見かけないように思います。

 

湘南国際マラソン、2014年以前のTシャツは!?

 

湘南国際マラソン2015以前のTシャツはどうだったかというと、3つほど例示させていただきます。

 

2014年

 

2013年

 

2012年

 

以上となります。

 

いかがでしょうか、2015年が特別なのかもしれませんが、それでも特徴のあるTシャツのデザインに仕上がっているようです。

 

湘南国際マラソンのTシャツのメッセージ性。

 

これまで、複数年にわたる湘南国際マラソンのTシャツについて見てきましたが、ハイクオリティであることは間違いないように思います。

 

気になるものは、例えば2013年の緑色のデザインのものですが、見方によって人の顔になるというのがなかなか、ポイントが高いのでと感じる次第ですね。

 

本大会の特色のひとつでもありますし、今後ともこういったものを提供できると、ランナーにとっても喜ばしいでしょう。

 

特にネット上を散策すると、2015年のものは、昨年に比べて評価が高いように見受けられました。

 

やはり色合いからして、赤や黒でのデザインは、運動を交えていることから、好印象に捉えられるように思います。

 

やはりレベルの高いデザイナーに、Tシャツのデザインを依頼していることがありそうですね。

 

来年もいいデザインのほどを期待したいところです。

 

2016年のTシャツについて。

 

2016年の参加賞となるTシャツですが、以下のデザインで配布されることになりました。

 

2016年Tシャツ

 

赤を基調として、黒の波模様のストライプが入ったものになります。

 

赤や黒はズボンにも合わせやすいですし、いいとは思いますが、なかなか会う人とそうでない人が分かれそうなデザインです。

 

ともあれ記念となるTシャツということもあり、普段の練習で使うなど、大切に使用したいところでしょう。