2016年1月17日(日)に開催される都道府県対抗女子駅伝が間もなくということで、

各都道府県のエントリーメンバーが発表されました。

 

女子において今年は強いと言われている広島の選手たちの姿を

見ていきたいと思います。

都道府県対抗女子駅伝2016、広島のエントリーメンバーはこちら。

 

まず都道府県対抗女子駅伝2016で、広島代表となる選手たちは、

以下のようになっています。

 

選手名 所属
石澤 ゆかり エディオン
安井 絵理奈 エディオン
岡 未友紀 デンソー
小吉川 志乃舞 世羅高
浅田 琴音 世羅高
長尾 明日香 世羅高
向井 優香 世羅高
見田 杏花 世羅高
大西  響 世羅高
藤倉 美和 世羅高
平岡 美帆 砂谷中
樫原 沙紀 昭和中
神笠 貴子 西条中

 

以上13名のエントリーメンバー発表となります。

 

この中での世羅高校出身選手の占める割合がかなり高く、

これらの選手が肝となりそうですね。

 

広島の上位入賞のカギは、世羅高校か。

 

都道府県対抗女子駅伝では、競技の仕様上、

3区・8区では中学2もしくは3年生、

またその他7区間中3区間で高校生が走らなければならないことから、

高校生の影響がより強くレースに反映されます。

 

全国高校女子駅伝2015で、優勝した高校は世羅高校となり、

広島県にある高校のため、本大会ではかなり注目されるチームとなるはずです。

 

余談ですが全国高校男子駅伝2015でも同様に世羅高校が優勝しているので、

男子の方でも広島がもしかするとかなりいい順位に収まるのかもしれません。

 

2016年度34回大会では、女子高校生勢がすべて世羅高校から排出となり、

まさに直近の大会ほどのパフォーマンスを出してくれることを期待したいところです。

 

広島の最終区間エントリーメンバーはどうなる!?

 

本大会は、計9区で42.195㎞を駅伝形式で走ることとなります。

 

距離的に一番長い10㎞の9区、次いで㎞の1区に実業団選手に入ってもらって、

ルール上の縛りから判断して、ある程度最終区間エントリーメンバーが

予想できるのではないかと思います。

 

ということで以下のように予想してみました。

 

区間 選手名 所属
1 岡 未友紀 デンソー
2 向井 優香 世羅高
3(中学生枠) 神笠 貴子 昭和中
4 大西  響 世羅高
5 安井 絵理奈 エディオン
6 小吉川 志乃舞 世羅高
7 長尾 明日香 世羅高
8(中学生枠) 平岡 美帆 砂谷中
9 石澤 ゆかり エディオン

 

実業団選手をできる限り登用し、かつ区間の重要と思われる箇所に、

世羅高校の選手を組み込むことが、優れた成績を残すためには必要なことと思います。

 

世羅高校の選手では、特に向井優香小吉川志乃舞選手の

活躍には期待、注目したい限りとなっています。

 

都道府県対抗女子駅伝の直近の戦績。

 

2015年の高校駅伝の影響もあり、広島に注目が集まろうかと思いますが、

直近の戦績から判断して、どこまで行けるかでありましょう。

 

2015年の大会では、47都道府県中28位となる中堅よりやや下位に位置しますが、

2016年の34回大会では、10位から15位くらいに入るくらいの躍進があれば

いいのではないでしょうか。

 

ギリギリのトップ10入りとなると、本年度として大成功かと考えられます。

 

都道府県対抗女子駅伝で優勝候補となる、京都大阪といったところを

目指して大いに頑張っていただきたいところとなります。