京都マラソン2016ですが、エントリー倍率が4.3倍となかなかに厳しい関門を突破して、

当日参加することが叶ったこともあり、是非とも走破していただきたい次第です。

 

京都マラソン公式において、攻略におけるアドバイザーが紹介されています。

 

それらの人の意見を参考にして、京都マラソン2016の攻略を探りたいと思います。

京都マラソン2016、コース攻略とアドバイザーについて。

 

京都マラソン2016において、以下の攻略アドバイザーが用意されています。

 

なでしこジャパンのチームドクターとなる、原邦夫先生、

ランニングアドバイザーとなる、松井祥文先生です。

 

各々の専門分野に関する知識を活用して、

攻略におけるアドバイスをされています。

 

非常に細かく解説されており、是非とも公式の読了をお勧めしたいものとなります。

 

原邦夫先生の話では、タイムを挙げるためには繰り返しの練習が欠かせないですが、

少しづつ疲労が蓄積され、正しい処置を施さないと、怪我のもとになることを明示され、

それに対処する予防法、および筋力強化について紹介しています。

 

松井祥文先生は、主にランニングフォームからの攻略アドバイスをされています。

 

ジョギングとランニングの違いから始まり、

身体の負担の少ないフォームで走ることが、

タイムを縮め攻略の第一歩であると解説しています。

 

また初心者と中上級レベルのランナーに応じたランニングアドバイスがあり、

本大会以外でも攻略に活用できる意見があり、是非とも採用したいところとなります。

 

やはり前もっての入念な準備こそが、成功の第一歩になり得ましょう。

 

マラソンを走破できる基礎体力の形成に力を注ぎたいところです。

 

コースや高低差の詳細

参加賞の中身の案内、解説

オリジナルTシャツはどうなる!?

ボランティア参加者の協力