3月13日(日)に開催される横浜マラソン2016において、

芸能人といった著名人が参加されることになります。

 

芸能界で第一線を張る人が、横浜の地へ訪れるということで、

ランナーだけでなく、応援者側も大いに盛り上がることと思います。

横浜マラソン2016、男性芸能人について。

 

神奈川県横浜市で開催されるということで、

東京都からも60分以内で到着できるアクセスのよさから、

多くの参加者及び応援客が駆けつけることになりますが、

注目すべき男性芸能人で、2016年の本大会に出場を表明している方は以下の通りとなります。

 

  • 石原良純
  • 鶴見辰吾
  • 田村亮

 

20110412_ishihara_15
出典 http://laughy.jp

 

石原良純さんですが、元東京都知事の父を持ち、

また現国会議員の兄と弟がいる政治一家と家系となります。

 

ご本人は、それとは関係ない気象予報士、タレント、俳優の道へ進むこととなり、

テレビでもよく見られる芸能人になりましょう。

 

マラソンについてですが、つくばマラソン2013をはじめ、

富山マラソン2015、鹿児島マラソン2016にも出場した経歴を持っています。

 

横浜マラソンへの過去の出場歴もあり、3時間56分2秒のタイムで、

サブ4(4時間切り)を達成していることとなります。

 

石原良純さんは、神奈川県民ということで、

まさに地元ランナーでもありますので、横浜マラソンにおいて、

他の芸能人以上に頑張ってほしいことでしょう。

 

20150315_967195
出典 http://matome.naver.jp

 

鶴見辰吾さんですが、ホリプロ所属のタレントとなる方です。

 

大河ドラマで軍師官兵衛の小早川隆景役、

映画orangeで、中野幸路役が有名になりましょうか。

 

鶴見辰吾さんは50歳にして初めてフルマラソンにチャレンジし、

しかもその大会がこの横浜マラソン2015となります。

 

その当時の目標として、3時間30分以内を目指していましたが、

結果として3時間12分58秒というタイムを叩き出したことで知られます。

 

今回2回目の横浜マラソンへのチャレンジとなりますが、

1年の充電期間を経て、サブ3(3時間切り)が狙えそうな方ですが、

自己ベスト共にその実現なるか注目したいところとなります。

 

 

57605_200808260959022001219758322c
出典 http://gourmet.oricon.co.jp

 

ロンドンブーツ1号2号で知られることになる、田村亮さんになります。

 

元々NHKのラン×スマという番組からランニングを始めた経緯があります。

 

鶴見辰吾さんと同じように、初のフルマラソンが横浜マラソン2015となります。

 

結果のほどですが、途中リタイアということで、正式なタイムはないものの、

今回の再チャレンジで見事完走を期待したいところとなりましょう。

 

横浜マラソン2016、女性芸能人について。

 

続きまして女性芸能人の紹介になりますが、以下2名が明らかになっています。

 

 

  • 福島和可菜
  • 土田和歌子

 

 

84
出典 http://www.sunmusic.org

 

福島和可菜さんは、現在タレント、女優をされている方になり、

ホンマでっか!?TVありがとッ!というテレビ番組でお顔を拝見された方も多いでしょう。

 

マラソン歴になりますが、横浜マラソン2015をはじめ大阪マラソン2014及び2015、

東京マラソン2016への出場歴があります。

 

現在保有している自己ベストは、直近の東京マラソン2016でつけた

3時間3分42秒がそれに当たります。

 

もう少しでサブ3(3時間切り)達成ということで、

後ひと踏ん張りしてもらい、是非横浜マラソン2016で成就してほしいところでしょう。

 

ph00
出典 http://www.tamron.co.jp

 

最後に車椅子アスリートとなる土田和歌子さんです。

 

2000年のシドニーパランピックで、日本人選手で初めての銀メダルを獲得後、

2004年のアテネパラリンピックにて、5000mで金メダル獲得者となります。

 

そして大分国際車いすマラソン2013においては

1時間38分07秒世界新記録保持者となります。

 

車いすの関係上、フルマラソンとはなりませんが、

これだけ著名な方が登場してくれるとなると、会場が沸くこととなりましょう。

 

土田和歌子さんには競技だけでなく、

車いす競技への普及、PRも是非ともお願いしたいところです。

 

以上となります、さらに判明しましたら追記いたします。