京都府で開催される木津川マラソンがありますが、その案内について取り扱います。

 

真冬となる2月に開催される、マラソンシーズン終盤での大会ということで、悔いが残らないものになれば幸いです。

エントリーや日程について。

木津川マラソン

 

木津川マララソン2017ですが、2月5日(日)開催となり、エントリーは、2016年10月1日(土)より開始される予定です。

 

部門は、3km、5km、10km、ハーフ、そしてフルマラソンの4つとなります。

 

特に注目なのがフルマラソンで、木津川マラソンではなんと制限時間が設けられていない珍しいものとなります。

 

よって、関門設置もなく、一度フルマラソンを完走してみたいという人にはもってこいでしょう。

 

怪我さえなく、走り続ければ、確実にゴールできるというのはすごいですね。

 

コースと攻略について。

 

続きまして、木津川マラソンのコース案内です。

 

コース

 

フルマラソンでは、二つの折り返しポイントがあり、再び会場へ戻ってくることになります。

 

コース図にある通り、給水所とトイレスポットが点在し、とにかく環境面で優れていることがわかります。

 

さらに高低差ですが、詳しい詳細については明らかにされていませんが、おおよそ勾配のない道のりとなっているように設計されているそうですので、攻略しやすいものとなります。

 

 

アクセスや交通規制について。

 

木津川マラソンのメイン会場は、草内木津川運動公園 (京都府京田辺市)となり、現地集合となりますが、アクセスについては注意が必要となります。

 

エコ推進の関係で、会場周辺の駐車場が使えない点です。

 

ただし、整備協力金負担駐車場があり、やましろ里山の会を通すと、200台まで駐車できる場所を利用可能です。

 

こういった制限があることから、JR学研都市線 京田辺駅や近鉄 新田辺駅の電車移動とバス移動を加えて会場入りを推奨したいと思います。

 

とにかく寒い時期の開催なので、身体に気を付けて、頑張ってほしいところです。