埼玉県の川口市で行われる川口マラソンがあります。

 

この大会では、公式を探っても、コースはもとより高低差などの詳細な情報が見当たりません。

 

川口マラソンに初参加しようとするランナーにとって、不都合が多いように見受けられますが、実のところどのようになっているのでしょうか。

川口マラソン2017のコースについて。

 

川口マラソンですが、この大会では2km、3km、10km、そしてハーフの4つの部門が用意されています。

 

2kmや3kmになると、その距離の短さから、会場になっている青木町公園総合運動場のトラックを周回するだけでゴールとなります。

 

問題となるのは、コースや高低差が気になる10kmやハーフマラソンになります。

 

川口マラソンの公式には、詳しい情報が乗せられていませんが、ペーパーの部分では、コースの地図が用意されています。

 

コース

 

少々わかりにくいかもしれませんが、左下の青木町公園総合運動場をスタート地点となり、そのまま北上します。

 

10kmのランナーは、道合坂上交差点をUターンのポイントにして、ゴールを目指します。。

 

ハーフのランナーは、そのまま引き続き北上します。

 

そして距離にして8~9kmに差し掛かる川口自然公園や東沼神社を抜けて、東川口駅へ東進、駅前の手前をUターンしつつ、再びスタート地点へ戻るコースとなります。

 

高低差の情報ですが、10kmの場合は、高低差がほとんどない状態ですが、ハーフについては6~7km、15~16kmあたりにアップダウンがあるということでしょう。

 

日本陸連の認定は受けていないものの、コース的にはそれほどいびつではないですし、走りやすい部類になることでしょう。

 

身体的なトラブルがなければ、十分完走できますので、力を振り絞って駆け抜けたいところですね。