2017年1月2日、3日にかけて行われる箱根駅伝がありますが、往路が終わり、優勝は青山学院大学となりました。

 

箱根駅伝ガイドなどの事前の評価、下馬評共に高い評価を得た青山学院大学が、期待にこたえた形となりました。

 

残すは復路のみとなりましたが、往路の状況からして、3度目の総合優勝が目前に迫っている形となります。

復路の予想も青山学院大学!駅伝の名門が苦境に。

青山学院大学

 

箱根駅伝の往路を観戦し、最終的に青山学院大学が優勝することになりましたが、チーム全体として見てものすごく調子がいいと思えます。

 

特に一色添志選手のペースがなかなか上がらなかった中でも、トータルとして1位でゴールインできる総合力は感服するばかりです。

 

さて、2016年から名門とされる駒澤大学や東洋大学が乗り切れていないような感じですが、今回の箱根駅伝で往路、5位と4位という順位で、かなり苦戦している様子です。

 

もちろん名門としての意地があり、上位入賞していることは実質ライバルが不在に近い状態から、復路でも青山学院大学が優勝しそうな勢いを止めるには難しい状況でしょう。

 

しかも特に東洋大学に限っては、前半に有力選手となる服部弾馬、口町亮、山本修二、そして桜岡駿選手といった2016年以前をも支えた選手を積極的に登用しているので、後半戦がかなり苦しい見込みとなります。

 

もちろん服部弾馬選手は1区の区間賞を受賞しているものの、口町亮選手は怪我の影響で伸び悩み、山本修二選手が自分の走りができなかったことが印象的でした。

 

青山学院大学の持ち駒としては、駅伝主将となる安藤悠哉選手をはじめ、下田裕太、田村和希、中村祐紀選手がまだ残っていることから、復路の予想としてもかなりの期待値となることは間違いないでしょう。

 

よって快挙となる3連覇は間近に控えていることになります。

 

予想を覆すのは、早稲田大学!?

早稲田大学

 

大学駅伝での早稲田大学の立ち位置的には、強い大学ではあることは間違いないものの、まだ名門になりきれないくらいだと思われますが、2016年から上り調子で、箱根駅伝2017で往路2位という成績を残しています。

 

競合大学には有名選手がいますが、早稲田大学では平和真選手が有名なものの、その他ではそこまで個人として特集されることはないでしょう。

 

そんな中、チーム力で戦うスタイルで駅伝を走ることになりますが、青山学院大学の総合優勝を止める候補としては、早稲田大学を筆頭に挙げることになるでしょう。

 

もちろん勝算は、青山学院大学に劣るものの、だからこそ予想を裏切るような展開を見せて、全国を沸かせてほしい次第です。