第68回目の金栗杯となる、玉名ハーフマラソン2017が終了しました。

 

優秀な大学生、実業団選手が多く参加したハーフマラソンになりますが、その結果を紹介していきます。

玉名ハーフマラソン2017の結果は?

 

 

  1.  1:03:18 二岡 康平 中電工
  2.  1:03:19 川内 優輝 埼玉県庁
  3.  1:03:22 髙橋 尚弥 安川電機
  4.  1:03:32 堀合 大輔 駒沢大
  5.  1:03:41 篠藤 淳 山陽特殊製鋼
  6.  1:03:57 渡邊 一磨 安川電機
  7.  1:04:02 マイナ・ディション・カルクワ 重川材木店
  8.  1:04:04 奥野 翔弥 トヨタ自動車九州
  9.  1:04:05 中嶋 和希 旭化成
  10.  1:04:11 松本 伸之 愛三工業
  11.  1:04:27 浦野 輝 MHPS
  12.  1:04:46 井上 拳太朗 安川電機
  13.  1:04:56 鴛海 辰矢 西鉄
  14.  1:05:10 中村 駆 東洋大
  15.  1:05:13 有馬 圭祐 九電工
  16.  1:05:18 吉川 修司 九電工
  17.  1:05:40 鈴見 侑大 拓殖大
  18.  1:05:58 橋本 隆光 小森コーポレーション
  19.  1:06:00 西純平 旭化成

 

 

総合優勝は、中電工の二岡 康平選手となりました。半世紀以上もの歴史を持つ、伝統ある玉名ハーフでの優勝ともなると喜びも大きいですね。

 

タイムは、1:03:18と2位と1秒差になり、かなり切迫した戦いになったでしょう。

 

2位には、最近話題を集めている川内 優輝選手となります。

 

日本陸連の強化合宿を辞退したことでYahooニュースにもなりましたが、ともあれまずまずの戦績といったところ。

 

引退まで、多くの実績を残したいところでしょう。