毎年11月下旬に開催される大田原マラソンの紹介、案内になります。

 

大田原というとどこを思い浮かべるかといえば、一般にはぱっと出てこない場所でしょう。

 

ここは、栃木県宇都宮市を北上したところに大田原市があり、その地名から大会名がつけられています。

 

東京を基点とするならば、東北新幹線を使っての大移動になりますが、優良大会とのことなので、それだけの価値があるものかと考えています。

大田原マラソンの概要。

 

大田原マラソンの基本的な概要です。

 

場所 大田原市美原公園陸上競技場

競技規則 「日本陸上競技連盟競技規則」による日本陸上競技連盟公認の競技会とします。

参加資格
日本陸上競技連盟「競技者登録規定」に基づく
アマチュア競技者及び未登録の一般競技者(高校生以上)
ただし、マラソンの部は4時間00分以内で完走できる方

表彰内訳
マラソンの部 : 1位10位
※マラソンの部上位入賞者若干名をパリマラソン大会へ派遣いたします
(ただし、日本国籍を有する者)。
10kmの部 : 各種目1位8位

副賞
大会記録を更新して優勝した場合、強化育成費を支給します。
(ただし、日本国籍を有する者とする)

参加賞 参加者全員に大会オリジナル記念品を贈ります。

優待出場者
平成24年10月1日以降の大会で「男子2時間25分以内」、「女子3時間00分以内」の記録をもつ競技者が自己申告すれば、選考の上、上位記録者数名程度を優待選手と認め、参加料無料及び大会事務局で指定した宿泊所を提供いたします。
なお、詳細については大会事務局までご連絡ください。

関門
12.7km地点…11時15分/スタート後75分/キロ5分54秒ペース
23.7km地点…12時14分/スタート後2時間14分/キロ5分39秒ペース
33.3km地点…13時10分/スタート後3時間10分/キロ5分42秒ペース
38.3km地点…13時40分/スタート後3時間40分/キロ5分45秒ペース

給水

スペシャル7ヶ所:9.5km、14.7km、19.1km、24.2km、28km、34.4km、37.8km
申込時にスペシャルドリンクの提出数及び配置地点を申請してください。
※スペシャルドリンクの受付は11月23日(月)7時~9時までです。
※ 容器はボトル容器のみとし、缶・ビン類やパウチ容器類は一切認めません。
※ 食物は受け付けできません。
ゼネラル8ヶ所:6.5km、10.5km、15.3km、20km、24.6km、28.7km、34.7km、38.7km
スポンジ2ヶ所:12.7km、30.5km

スタート時間
マラソンの部 10時
10kmの部 10時40分

 

大田原マラソンは、攻略難。初心者にはオススメできないコース。

 

この大田原マラソンですが、一見したところ、人を選ぶマラソン大会なのではないかと考えます。

 

公式によるマラソンの部では、制限時間4時間以内サブ4を採用していること、コースの仕様上、初心者では攻略が難しいのではないかと考えるためです。

 

よって初心者の場合は、他の大会で経験を積んだ後にゆっくり挑戦するのがいいのではと思えます。

 

逆に初心者の枠から外れることができれば、是非一度挑戦してみたい、攻略しがいのあるコースなのではないでしょうか。

 

直近の完走率は、75~80%弱となり、条件もろもろ厳しい印象ですね。

 

昨今のマラソン人気によって、初心者が完走できるように、大会によっては6時間や7時間と時間的猶予を長めにとる措置がなされ、結果として90%と高い完走率が一般化しつつあります。

 

それらと比較すると、玄人向けの大会であるということになります。

 

大田原マラソンで入賞するレベルのランナーになると・・・

 

大田原マラソンでは、再三ながら諸々人を選ぶような仕様です。

 

ただし、その厳しい競争で表彰台にまで上り詰めると、パリマラソンへ遠征できたり、仮にですが大会記録を更新して優勝した場合、強化育成費がもらえるとのこと。

 

そこまでいかずとも、前大会以前に「男子2時間25分以内」、「女子3時間00分以内」のタイムを保持しているのなら、場合により参加費無料及び運営が宿泊所を提供するという厚遇ぶり。

 

将来的には、こういうクラスの大会で完走できるくらいになれば、一般的にすごいランナーになりそうです。