水分補給

 

マラソンに限らず、激しく身体を動かすスポーツでは、水分補給が不可欠となります。

 

特に、大塚製薬が発売しているポカリスエットや日本コカ・コーラ社のアクエリアスをはじめとしたスポーツ飲料水を愛飲されている方が多数だと思われます。

 

これは人は発汗すると、体内の塩分が放出されることから、単純に水を飲むよりも、効率のいい水分の摂取方法と言えるでしょう。

 

マラソン、スポーツ時には、それで構わないかいでしょうが、それ以外の日常面含めて考えると、水をおすすめする次第です。

 

その理由として、

  1. パフォーマンス向上、管理
  2. 健康
  3. ダイエット

があります。

 



水によるパフォーマンス向上、管理。

 

まず体重の2%の水分を失うと、有酸素運動の能力が20%現象するという研究結果が得られています。

 

別の研究では、1.8%脱水すると、疲労困憊になるまでの時間が33%短くなるとの報告があります。

 

人の身体の60%が水分でできていることから、それが不足すると、運動諸々の機能に悪影響を及ぼしうることになります。

 

だからこそ、長期で運動し続けるマラソンはじめスポーツでは、水分補給が肝要であると言われ続ける所以です。

 

水による健康への影響。

 

人は体格差にもよりますが、およそ1日2Lの水分が必要です。

 

ただし、ここで言う水分は、お茶やコーヒー、紅茶といったものは含まれません。

 

これらの飲料には、カフェインが含まれていて、その効果から一般に水分補給とみなされないことが多いです。

 

身体の様々な機能の循環には水分が欠かせないことから、水の摂取は健康維持に欠かせないものとなります。

 

その他にも、

  • 肌の透明感が上がる
  • ニキビや吹き出物が出にくくなる
  • シミ・小じわ・たるみ・むくみの解消
  • 便秘の解消
  • 老廃物のデトックス
  • 生活習慣病の予防

といった副次的な効果もたくさんあります。

 

かなりすごい効果があるものの、1日の水分の摂取量が足りていない人が多いとの統計データがあるのが残念ではあります。

 

水によるダイエット効果。

 

マラソンやジョギングなどで、ダイエットを目指されている方が増えてきていることが最近のマラソンブームの陰にあろうかと思います。

 

運動の効果をより高めるために水の摂取をおすすめします。

 

水を飲むことによる効果はさまざまですが、特に基礎代謝の向上が顕著に表れることになります。

 

基礎代謝は、詰まる所、時間単位のエネルギー消費の向上させるもので、これによって運動の効率をより高めることができます。

 

運動は汗をかきますが、スポーツ飲料水よりも、水とほんの少量の塩分(ほんのちょっとで大丈夫です)で、コスパのいい水分補給兼ダイエットができます。

 

マラソン、ジョギングにおける水分補給すすめ。

 

基本的に水分補給は、ご家庭の水道水で賄えるものとなりますが、一度ウォーターサーバーを活用されてみてはいかがでしょうか。

 

水道管による塩素問題がなく、かつ身体にやさしい天然水ということで、おいしく水を摂取することができます。

 

コストも、ボトル購入分だけで済むということで、細切れでペットボトルを買うよりも経済的で勘定も合うことになりましょう。

 

一度検討されてみてはいかがでしょうか。